コンビニコーヒー

コンビニコーヒーのまとめ

コンビニでセルフ式のコーヒーが大人気です。特徴や価格、容量などの情報をまとめてみました。


■コンビニコーヒーの特徴
コンビニによって色々な抽出方法は異なりますが、コーヒーマシンがその場で豆を曳いてドリップするコーヒーだったり、カップにコーヒー抽出用カートリッジが付いているコーヒーだったりと、各社が工夫しておいしいコーヒーを用意しています。
特に、その場で豆を曳いてドリップするコーヒーは、コーヒーマシンで淹れている最中から、コーヒーの香りが広がっていい気分になります。価格も缶コーヒー並みに安く、セブン-イレブンのアイスコーヒー(レギュラーサイズ)は、100円で購入できます。


■買い方(注文〜淹れ方)
コンビニによって買い方が異なります。3パターンあり、いずれかになります。

【パターン1】
 カップを持ってレジ注文したあと、自分でコーヒーを淹れるパターン。
 セブン-イレブンのアイスコーヒーなどが該当。

【パターン2】
 レジで注文してカップを受け取ったあと、自分でコーヒーを淹れるパターン。
 ファミリーマートのコーヒーやセブン-イレブンのホットコーヒーなどが該当。

【パターン3】
 レジで注文すると店員がコーヒーを淹れてくれるパターン。


(ご参考)
 セブンイレブンのアイスコーヒーを淹れる動画
 http://www.youtube.com/watch?v=ktG2Lx7-1k4


コーヒーマシンの近くやレジの近くに注文方法〜淹れ方が書いてあるため、ご参照してみてください。


■備考(by サイト管理者)
セブン-イレブンの店員さんと雑談したところ、曳いた豆の残りカスが溜まるため、30杯に1回は店員さんが捨てなければならなかったり、ペーパー交換や掃除など、色々と手間が掛かっているそうです。こういった手間や曳きたての豆でコーヒーが100円で飲めることを考えると、非常にコストパフォーマンスがいいと思います。なお、コーヒーに興味がなかったり、あまり好きではないような方は、他社よりも少し薄味で飲みやすいセブン-イレブンのコーヒーを最初に飲むことをオススメします。サイト管理者はコーヒーに興味がなく、あまり飲まなかったのですが、セブン-イレブンのコーヒーがキッカケでコーヒーにハマってしまい、いまでは気分に合わせて各社コンビニのコーヒーを買って飲んでいます。

【コーヒーマシンがすぐに稼働しないケース】
コーヒーマシンによってはエラー状態(豆の残りカスを捨てないと注げない状態や温度がコーヒー抽出できる温度になっていないなど)で、すぐに注げないこともあります。その場合は店員さんに声をかければ対応してもらえますが、朝の忙しい時間帯などでこの状態になると、レジが大混雑しててコーヒーマシンのエラー対応をなかなかしてもらえず、何分も待つことになったりすることもあるため、そこは少し気をつけたほうがいいです。缶コーヒーのように買えばすぐ終わり・・・というわけではないです。
なお、コーヒー抽出可能な温度が下がった場合(コーヒーを連続で抽出し続けると内部温度が下がるため)は、だいたい5分〜10分ぐらい待つ必要があります。その際、コーヒーマシンのディスプレイには「しらばくお待ちください」のメッセージが表示されます。

開く

コンビニコーヒーのまとめ

アイテム 説明 店舗名飲み方サイズ容量価格1mlあたりの単価(小数点第二位以下は切り捨て)注文方式備考

【ファミリーマート FAMIMA CAFÉ】 ブレンドM

ファミリーマート FAMIMA CAFÉ ブレンドM。

1.ドイツ製のエスプレッソ抽出式のコーヒーマシーン
高い圧力をかけて抽出するエスプレッソ抽出式のコーヒーマシーンを使用することで、コーヒーの香りやコクがより引き立ちます。また、特に女性に人気の「カフェラテ」など、きめ細い泡立ちのミルクメニューもお楽しみいただけます。

2.一杯ずつ、いつでも淹れたてのおいしさ
一杯ずつコーヒー豆を「挽...
ファミリーマートホット220ml150円0.6円レジで注文してカップを受け取る

検索結果

リセット