ごちそうさん 42回 たいした始末

ごちそうさん 42回 たいした始末

和枝(キムラ緑子)は、め以子(杏)に先駆けて魚島の鯛(たい)を送っていた。め以子の鯛は拒絶され、大量の鯛が手元に残る。め以子は無駄にするまいと師匠(近藤正臣)に助けを求める。渡されたのは鯛料理の虎の巻「鯛百珍」。必死で料理するめ以子を静(宮崎美子)や希子(高畑充希)が手伝い始める。悠太郎(東出昌大)も加わり、数々の鯛料理に舌鼓を打ち、最後に、鯛の骨でスープを取る。それは究極の「始末の料理」だった。
このサイトに行く

ごちそうさん 42回 たいした始末の情報

関連まとめ
NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」動画
ジャンル
動画
サイト
NHKオンデマンド

このサイトに行く